売却|八千代市・佐倉市の不動産のことなら川島不動産

お問い合わせ
川島不動産の不動産売却
長年の経験と
悩みにお答えできる知識で
サポートいたします。
川島不動産の不動産売却

実績のある川島不動産だからできる
売却相談の早期解決

  • 不動産相続
  • 任意売却
  • 離婚
  • 不整形地
  • 空き家問題
  • 瑕疵物件
  • 共有持分
  • 債務整理
  • 再建築不可

お問い合わせ後、弊社スタッフが
速やかにご対応させていただきます。

TEL:047-483-2652

営業時間 9:30〜18:30
(毎週水曜日、第三火曜日除く)

case1

父が突然他界。母は特養に入所する状況で不動産相続と相続税の支払い

家族構成
被相続人:父親 年末に交通事故でなくなった。
相 続 人:相続人は母親、長男、長女の三人

母親は5年前から特養に入所しており意思能力は失っている。
相続財産の大半は不動産であり、相応の相続税が予想されるが
納税資金及び遺産分割のためには不動産の処分が不可避。
一方で保険会社より示談交渉の申し入れの中で、
母親の同意を印鑑登録の上、子供達がすれば問題が起きないので
早く進めるよう迫られていた。

point

問題の整理

action

解決するための行動

action

解決するための行動

result

相続税を無事納税、譲渡税の減税を受けられた

自宅以外の土地の購入者と納税期限までに決済できる契約を締結し、無事納税できることとなった。
自宅は母親名義として残し、先々次の相続時にも売却しやすい形として、兄弟の納得を得た。
成年後見人の示談交渉の結果、保険会社の当初の申し入れ金額に対して500万円以上の示談金の増額を得られた。
建売業者が購入したため、「優良宅地の供給に資する」譲渡として譲渡税の減税を受けられた。

実績のある川島不動産だからできる
売却相談の早期解決

  • 不動産相続
  • 任意売却
  • 離婚
  • 不整形地
  • 空き家問題
  • 瑕疵物件
  • 共有持分
  • 債務整理
  • 再建築不可

お問い合わせ後、弊社スタッフが
速やかにご対応させていただきます。

TEL:047-483-2652

営業時間 9:30〜18:30
(毎週水曜日、第三火曜日除く)

PAGE TOP