売却と買取の違い

売却と買取の違い

不動産売却する場合に大きく分けて2つのパターンがあります。
1つは、不動産業者が間に入って、一般の買主を探していく方法で「売却(仲介)」と言われています。
もう1つは、不動産業者が、売主様から直接、不動産を購入する方法で「買取」と言われています。

一目で分かる売却

※売却(仲介)のメリットとして、一般の買主さんを探すので買取に比べて、高く売れる可能性が高いです。デメリットとしては直接、不動産業者が買取する場合と違って、一般の買主さんを探すので時間がかかる場合があります。

一目で分かる買取

※買取のメリットとして、不動産会社が直接買取りますので安心・確実・スピィーディーな不動産取引が可能です。デメリットとしましては、不動産価格が市場価格に比べ、概ね70〜90%と低くなる。

住まいのドック