売買についてのケーススタディをご紹介致します。

  • 相続トラブル 相続により土地を下記の通り分割することになった。依頼者Aは、下記の土地ア、イ、ウを売却したいとの事。尚、所有者BはAと同じく相続人。また、AとBは相続時にかなりトラブルになっており相続終了までに3年を要した。

  • 借地権、底地権都内に土地を所有しており借地になっている。相続により取得したが、契約期間が過ぎてしまっている。更新をしなければならないが、出来ることならば借地関係を解消したい。

  • 生産緑地解除依頼人は、生産緑地の土地を相続した。市街化区域であり、面積は約290坪。この生産緑地には耕作権が設定されており、年額の賃料は、わずか5,000円 である。

  • 交換平成6年、袋地に通路をつけるべく隣地所有者と交渉したいが、御近所同士で平素の付き合いも深く改めて条件交渉するのに躊躇があった。当社は地元の利としての人脈として、双方が利益を感じられる 内容で土地の形状を改善した。

  • オークションの活用平成18年300坪の土地の売却の委任をAさんよりいただいたが、建売用地としての魅力が高いと判断。当社よりオークション形式での売却が最高値を得る方法である旨提案しネットを利用したオークションを実施。

住まいのドック