勝田台駅周辺の街情報をご紹介!

勝田台は、八千代市の南東部に位置し、東葉高速線と京成本線の2沿線が通る人気住宅地です。昭和50年代より村上団地等の新興住宅地が造成され、住み心地の良いベッドタウンとして栄えてきました。近年では勝田台周辺でも区画整理事業が行われるなどして、美しく整った街並みや自然が広がっています。

Commerce -商業-
勝田台駅周辺では「勝田台駅前通商店街」「勝田台駅前東商店街」など、歴史のある商店街があります。駅南側には大型スーパーマーケットや書店が並び、生活用品の購入に不自由することはありません。 また、隣の村上駅周辺ではホームセンター「ジョイフル本田」やショッピングモール「フルルガーデン 八千代」などの大規模商業施設があり、週末は買い物やイベントを楽しむ人々で賑わっています。

Nature -自然-
勝田台周辺は自然にも恵まれています。勝田台の北方面には緑が多く残り、「黒沢池市民の森」「村上緑地公園」「村上第一公園」「村上神明公園」などの緑地・公園の整備が進んでいます。特に「黒沢池市民の森」はバードウォッチングのスポットとしても知られており、そのための観察所が設けられています。 八千代市を縦断し、勝田台の西を流れるのは「新川」です。川魚釣りの場所として有名ですが、川沿いにはサイクリングロードが敷かれており、サイクリングも楽しむ事が出来ます。

Education -教育-
勝田台・村上エリアは8つの保育園・幼稚園、5つの小学校、3つの中学校があり、学区域をカバーしています。また勝田台駅のすぐ西に「八千代高校」があります。駅前には学習塾や予備校が密集しており、幼少期の子育てから大学受験まで、幅広い範囲で教育施設が整っています。

Health Care -医療-
勝田台周辺は医療施設も充実しており、「東邦大学医療センター佐倉病院」「東京女子医科大学八千代医療センター」などの大学病院は駅から車で十数分ほどの距離にあります。高度な医療環境の整った施設だけでなく、勝田台駅南には「勝田台病院」などの地域に根差した総合病院、駅周辺には内科医院が多く並んでおり、居住地域の近場でも十分な医療サービスを受けることが出来ます。

Residents -住民-
勝田台周辺に住む人々は年々増加傾向にあります。高齢化が進む八千代市ですが、勝田台周辺では15歳未満の若年世代の人口も増加してきています。大きな理由として、ファミリー層の転入と、その次世代の定住が多いことが挙げられます。住環境に優れ、交通アクセスも良く、企業や事業所が多い勝田台は、「ずっと住んでいたい街」として、少子高齢化の進む他のベッドタウンとは違った人口構成に移り変わっています。

Traffic -交通-
勝田台駅は京成本線・東葉高速線の2沿線を持つ通勤・通学のターミナル駅です。1996年に開通された東葉勝田台駅は東葉高速線の始発にあたり、座って通勤できるメリットがあります。京成本線は都営浅草線に、東葉高速線は東西線に乗り入れし、各主要駅まで直通でアクセスできます。 また車通勤をされる方のベッドタウンとしても需要があり、勝田台から30分ほどで成田の市街地や船橋・千葉の中心地まで行くことが出来ます。

住まいのドック
川島不動産未経験からできる賃貸営業(完全反響型)