相続のご相談

相続税がかかるのかどうかを知ろう
(現行におきまして相続税がかかる人の割合は国民の4%程度であります)

  • 1.課税価格の計算 相続税のかかる財産の価額−債務及び葬式費用+生前贈与財産の価額
    (死亡前3年以内に贈与されたもの)=課税価格
  • 2.課税遺産総額
    課税価格−基礎控除=課税遺産総額
    基礎控除の計算
    5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
    ※平成27年1月1日以後の相続又は遺贈は、5,000万円が3,000万円に1,000万円が600万円になります。
  • ☆現行であれば、妻一人、子二人が相続する場合8,000万円の基礎控除がありますので、それ以下の資産であれば相続税はかかりません。
    ☆その他小規模宅地等の軽減措置もございます。
  • ・不動産の簡易査定を頼もう
  • 土地の課税価格の簡易査定いたします。(作成料は無料です)
  • ご用意いただくもの
    1.名寄帳をご用意ください。
  • ※あくまで簡易査定ですので各種補正は行いませんが相続税がかかるかどうかの目安になります。
  • 相続税がかからない→不安解消
  • 相続税がかかる→不動産の売却が必要かどうか→必要→どの不動産を売却するか相談→売却→相続税の支払い
  • ※現在物納は簡単には出来ません。相続税の支払いは原則、現金納付になります。
  • ・相続の流れを知ろう
  • 被相続人の死亡(=相続開始)
    死亡届の提出
    法定相続人の確定
    相続財産の把握
    相続放棄、限定承認の申述
    被相続人の所得税を申告(準確定申告) 10ヶ月以内に納税
    遺産分割協議書の作成
    相続税額の計算
    不動産等の売却
    相続税の申告・納付
  • ・相続時清算課税制度を活用しよう
  • 相続前に贈与しよう
  • 相続時精算課税制度の活用
    被相続人が存命中に贈与で財産を分けてしまえば揉めるケースが少なくなります。
住まいのドック
川島不動産未経験からできる賃貸営業(完全反響型)
川島不動産未経験OKの営業事務