川島不動産代表からのご挨拶

お客様の目線で、地元ならではのきめ細やかなサービスで、満足のいく物件を皆様に提供していきます。

弊社は昭和45年に私の父の創業以来「お客様の期待以上のサービスの提供」を基本理念として経営をしてまいりました。また、地域社会に密着し、よりよい「まちづくり」に貢献することが弊社の繁栄につながるものと信じて、積極的に地域の活動のお手伝いをさせていただきたいとも考えております。
土地を取り巻く環境が「グローバルな金融資産の一部」に取り込まれつつある現在、そして、経済環境の世界的な危機の中、我々は時代とともに「走りながら考え」「考えながら走る」姿勢を貫いてまいりたいと存じます。
国内の不動産を取り巻く環境は「人口減少」「少子高齢」「産業構造の変化」「所得の世代間の不均衡」「グローバル化」等を要因として、「バブル」を境に逆転しています。
常に外部環境に敏感であり続け、適正なギヤにシフトチェンジしながらお客様への最善のサービス提供に不断の努力を続けます。

変化の激しい時代。しかし変化のない時代はありませんでした。むしろ時代が変化を強く求めているように感じております。
そのような時代であっても不変の企業価値は存在すると信じております。

お客様第一主義の企業

「よい商品が売れる」から「売れる商品がよい」と常に肝に銘じて行きたいと存じます。
この発想はまさに商品の「よい」を決めるのはお客様だということです。
「よい商品なのに売れない」事は絶対にありません。販売する側が「よい」と勝手に思い込んでいるだけで、お客様には何の魅力も無い商品なのです。
私どもは、お客様は何を「不満」と思い、何に「不便」や「不安」を感じているか、常にお客様の視点で物事を考え行動していくことが、 さらによい商品、サービスの提供につながることと考えます。 お客様のために知恵を絞り、そこに生きがいや、やりがいを感じるという感性を磨き、良心に基づいた経営を実践してまいります。

人と共に成長する企業

企業は社会のためにあり、企業の正しい成長が社会貢献に寄与していくと考えます。
「企業は人なり」という言葉は現在ではあまり口にされなくなりました。
むしろ、「システムやモデル、マネーゲームにも見える企業の買収劇」が語られ、大きな利益を上げている一面が社会でクローズアップされています。
しかし、一見無機的に見えるこのような動きも全てが企業を構成する「人」のなした行動です。
一方、社会を形作る人も企業の「人」も同一です。
企業の成長は、社員の一人ひとりが「人」として成長することにかかっています。
同時に、企業活動の中で社員が「人」としての成長による喜びを実感できる経営を実践してまいります。

創造力、活力に富んだ企業

指を立てて目線より高い位置で時計回りをさせて、回転したまま指を目線の下に移動すると逆回りになっています。
現在の経済環境が正にこの指の回転になぞらえることができます。
昨日まで、正しく利益に結びつく。つまりお客様に喜んで頂けたサービスや商品が今日は逆に不便になっていたり、不快であったりします。
従いまして会社に利益がもたらされないようになったりするのです。
社会の価値観やニーズが大きく変化しているのです。 自分では正しく時計回りに会社経営をしているつもりが、社会の変化の中で逆回りになってしまいがちです。
私たちは、社会の変化に敏感であり続けます。お客様のニーズを超えたウォンツにまでに思いをはせたいと存じます。
そのために、弊社は自由闊達な雰囲気の中で、社員全員が創造力、活力に富んだ仕事ができるような経営基盤を構築してまいります。
今後とも弊社をご愛顧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

1つ前に戻る
住まいのドック