2011年10月 のアーカイブ

フットサル

2011年10月31日 月曜日

木曜日に社長主催のフットサルを3か月ぶりにやりました。

筋肉痛になると思ったのですが、あまり筋肉痛にはなりませんでした。

しかし久しぶりの運動で腰が痛くて大変でした。

今度のフットサルは11月15日にやります。その時にKさんが参加予定です。

今、フットサルのユニフォーム、シューズを調べているそうです。

Kさん11月15日、佐倉のフットボールコミュニティーですよ。

あっ!僕が乗せていきますから安心してください。

フットサルをやりたい方は川島不動産までご連絡ください…ではなく、不動産でお困りの方は川島不動産へご連絡下さい。

byしんじ

川島不動産ホームページ


TPP

2011年10月30日 日曜日

日本がTPPに参加するかどうかで議論が巻き起こっておりますが

本日、野田首相が交渉参加の意向を表明したそうです。

農協等は大規模な反対運動を展開しておりますが

この流れは止められそうもありません。

海外から安いものが入ってくるのは歓迎ですが

それにより更に食料自給率が下がってしまうのには不安です。

安全の問題もあります。

しかしながら、TPPは食料どころかあらゆる産業が自由化の波に

押しやられてしまうことになるかもしれません。

最近話題の経産省官僚で、京大准教授の中野剛志が熱く語っております。

説得力はあるような気がします。

ユーチューブより↓

http://www.youtube.com/watch?v=3kQEWuQttfg


BYしお   川島不動産HP

柿です。。゜。*.゜

2011年10月29日 土曜日

川島不動産のご近所の八百屋さんで、柿を購入しました。

時々、野菜や果物もこちらの八百屋さんで買わせていただいているのですが、とても懐かしく思い、柿を手にとりました。(柿の種類は忘れてしまいましたが(゜゜;) )

自分の実家に柿の木が植えられていたのですが、3~4年程前に倒しました。

ハウスなす(実家が農家なので)の肥料を吸収して、とても甘い、ご近所でも評判の柿だったので、いまだに“あの味が忘れられない”でいます。

柿の木にハシゴをかけ、よく採るのを手伝っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今晩さっそく、いただこうと思います。   植田

川島不動産HP

☆東京に居ながら・・・☆

2011年10月28日 金曜日

木枯らし一号も吹き、冬に向けてこのままかけ足で進みそうな今日この頃(*^^*)★

先日の休みはとても良い天気で、久しぶりに友人とCAFE巡りをしました♪♪

渋谷、新宿など人の多いところにはあまり行かない自分ですが、東京の中でもふと行きたくなるような好きな場所がいくつかあります。

その一つが☆神楽坂★ 通勤していたこともあり、学生時代の定番の途中下車駅でもあり(^^)v

まぁ、学生時代の目的は『青葉』のラーメンでしたが。魚介系にはまった後は家系にはまり、一時期大変なことに・・・!! あぁ、また食べたくなってきてしまいました(>_<)

神楽坂の路地を一本入ると、そこには京都にありそうな料亭やおしゃれなイタリアン、優しい雰囲気の雑貨屋さんなど、23区内とは思えない風景が広がり、日常を忘れさせてくれます。そして何と言っても美味しいお店が多い!!気がします(^^)/←これは重要☆ 夜はとても入れないようなお店でも、ランチでしたらリーズナブルに楽しめます♪

石畳の路地を抜けると広い公園もあり、子供たちが元気に遊んでいて、何だかホッとします。 昔は当たり前に広がっていた光景が、いつの間にか珍しくなり、いつしか無くなってしまうのかな、と考えたりします。 いつまでも子供たちが安心して外で遊べる環境であって欲しいと願います。

いつも並んでいて、行きたくて仕方がなかったそば粉のクレープ(ガレット)屋さんに友人をちょっと強引に連れて行きました(^^;) 期待通り、美味しく、店内も可愛く、行って良かった~♪ そばのアイスというのを初めて食べました。 さっぱりしていてはまってしまいそうな危険な予感です。いつも思いますが、初めてのお店では特に‘Simple is Best’ですね。 既にポピュラーかもしれませんが、オススメのお店です。

Cafe-Creperie Le Bretagne

今更ですが、クレープとアイスって合いますね☆『あったか&つめた』も、何でこんなに美味しいんでしょう。。

はっ!! そろそろ運動ネタを・・・(^^;)

川島不動産ホームページ

YuKo



2連休~♪

2011年10月27日 木曜日

②連休~

あーーー。ちゅう間に終わってしまった

①日目 うちでゴロゴロ

②日目 同僚の結婚式がお呼ばれしたので銀座でドレスのお買いもの

     リボンがかわいいドレスを発見♪♪

    がーーーーッ

    たかーーいの 

    結局買わずに帰宅↘↘

    そんなお休みでした Byち  

http://www.kawashima-re.co.jp/

パチンコ

2011年10月24日 月曜日

最近、少々パチンコをうっております。

勝敗は五分五分というところですかね

最近は小倉優子の台ばかりうっております。

やっぱりユウコリンはかわいいですね。

あっ、くれぐれも打ちすぎには注意です。

byカト 川島不動産HP

★オーナー様より★

2011年10月24日 月曜日

頂戴致しました(^^♪

いつもご来店頂く際にお気遣い頂き有難うございます。

早速、お腹を空かせた社長が早弁?中です。





隠していますが見えてますよぉ。


今、スヌーピーフェアを行っていて、箱から紙ナフキンを包む紙まで全てがスヌーピーです♪♪ ワクワクします(●^o^●)

スヌーピーって大人になってから見ても何だか可愛らしいと思います♪♪

勝田台駅前にもある『ミスド』のドーナツ、スタッフみんな大好きです(^-^)♪ 勝田台駅前店は、最近リニューアルして、よりキレイになりました☆

御馳走様でした★

川島不動産ホームページ




ブレンデン・フォスター君

2011年10月23日 日曜日

ブレンデン・フォスター君

8歳になったころ急に体調が悪くなり水さえ口にできない状態になった。

ブレンデンくんは白血病に冒されていた。

3年間 抗がん剤治療を行ったが効果がなく、もはや骨髄移植しか助かる方法がなくだがブレンデン君は白血病患者にとっては致命的な感染症に冒されており骨髄移植はできないと医者から宣告余命はわずか2週間。

母は残された時間にブレンデン君の願いをかなえてあげようと思って、やりたいことを リストにまとめた。そんなリストの最後に書かれていたのは…

ホームレスの人たちに食べ物を届けてあげたい。

抗がん剤治療で病院に通っていたころ、ホームレスの人たちのテント村が広がっていた光景を見たブレンデン君当時リーマンショックでホームレスの人たちが増えていた。

ブレンデン君は その光景を覚えていたのだ。

残り少ない命なのにブレンデン君は他人のことを心配していた。

シアトルだけでもホームレスの数は数千人彼ら全員に食べ物を配るのは不可能だと思われた。一方でブレンデンン君の容体は悪化していった。

集まったのはボランティアたったの8人だけ。

この数ではたった一つのテント村に配るのがやっとだと思われた。

パトリシアさんが 必死の思いで取材の依頼を送っていた。

エリサさんは以前、大統領などの取材をしていた花形記者。 だからブレンデン君の話を聞いても最初は興味がなかった。だがしかたなしにブレンデン君の取材に行ってブレンデン君と話すうちエリサさんの気持ちが変わった。

ブレンデン君の話は夕方のニュースで取り上げられ、なんとブレンデン君一人のために地元テレビやラジオが主体となってホームレスに食糧を配ることになったのだ。なんと300名を超える人たちがボランティアとして集まりそこにはたくさんの食糧が集まっていた。

支援物資はトラック6台分募金も莫大な金額が集まった。

全米のホームレスたちが生きる勇気を取り戻して行った。最初はシアトルの地方局で取り上げられたブレンデン君のニュースは全米に広がっていった。

2008年11月21日ブレンデン君はホームレスの笑顔を見届けて天国へと旅立った。

彼の死後もブレンデン君の名のもとに多くの食料や募金が集まっていったのだ。

そんな彼は悲しいのはどんな時?と聞かれて答えた言葉が、「人があきらめる時」「みんな夢を追い続けて誰もそれを止めちゃいけないんだ。」と答えた少年のテレビを観て、私はこんなに立派な考えを持てているブレンデン君に尊敬しました。大人ですらこんなに立派なことは出来ません。私も出来ません。でもブレンデン君に近づけるように困っている人の力になれるように私もこれからの人生頑張りたいと思いました。

by しんじ

川島不動産

焼肉

2011年10月22日 土曜日

昨日、稲毛にある≪ホルモン闇番町≫という焼肉屋に行きました。

4回目位なのですが、値段の割にはおいしいです。

店の名のとおり特にホルモンが油がのっていて最高です。

肉食獣も実は内臓を好みます。

角ハイボールでなくてトリスのハイボールしかなかったのが

少し残念ですが、是非行ってみてください。

byしお 川島不動産HP

読後感 ドン・キホーテ

2011年10月21日 金曜日

川島です。










随分かかりましたがドン・キホーテを読み終わりました。
夏から読んでいましたから3ヶ月位ですかね。

退屈だから時間がかかった訳ではありません。
結構愉しみながら読ませてもらえる本であり、全74章からなる構成はその巧みな「前書き」により強い興味をそそられ続けながら進行します。

大きく前編、後編からなる本書は前編で日常を冒険に変貌させるドン・キホーテの狂気に「異常に活性化された場面」の中で怠惰に埋もれる生活の見直しを私に迫ってきました。

後編では、狂気が後退し、「博識」「正義」「英知」「良識」「論理」「機知」「才知」など、全編を通じて展開されているものが俄然前面に現れてきます。

これらの特異なキャラクターは全てドン・キホーテ、サンチョパンサとの会話及びその二人と他の登場人物との会話の中にだけで全て表現されています。
真骨頂はサンチョ・パンサが「島」の領主として赴任する前夜に語ったドン・キホーテの助言と「島」の領主としてのサンチョ・パンサの判事の中での会話にあるように感じています。

聖書の次に多く印刷されている書物と言われるだけあつて、まったく陳腐さを感じさせない傑作と言えると思います。

半年にも満たないドン・キホーテの冒険の中に自らの生活の活性化に取り組みたいと思わずにはいられなくさせます。

それにしても「セルバンテス」の恐るべき博学ぶりは驚異的な領域です。ラテン語からギリシャ神話、ローマの興亡そしてあらゆる「騎士道本」までどこからでも引用してくる様は恐ろしい程です。
もちろんサンチョ・パンサに語らせる「諺」は正に縦横無尽の自由さです。

私のつたない知識や経験では十分にお伝えできない「壮大」な知的な冒険は、読者の全てに日常の見直しを迫らずにはおかないはずです。

川島不動産ホームページ